福岡フランス菓子16区のダックワーズ☆もちもちふわふわの絶品☆

みなさんダックワーズはお好きですか?

私も大好きなお菓子ですが

このフランス菓子、実は考案したのは日本人だということはご存知でしょうか?

スポンサーリンク

日本で考案されたダックワーズが本場フランスへ

考案されたのはフランス菓子16区のオーナーの三嶋隆夫氏。

ダックワーズは三嶋氏の「現代の名工」 受章のきっかけとなったお菓子なのです。

お店は福岡、薬院にあります。

私もずっと通販で購入していましたが、数年前福岡を旅行した際
お店に伺い、喫茶とお土産の購入を楽しんできました。

今ではメジャーになったダックワーズ

16区ダックワーズ

洋菓子だけど日本の方が考案したということを
初めて知った時は、なんだかうれしくなりました。

ダックワーズは、私が、パリ16区の菓子店「ARTHUR」のシェフを務めていた1979年に考案したスペシャルです。

それまでこのアーモンド生地は生菓子として、あるいはアントルメの底に敷く使われ方をしていました。

「これを和菓子の最中に相当するものにできたら、新感覚の焼き菓子ができるのではないか」。そう考えた私は、試行錯誤を繰り返し、外がパリッとして、中がフワッとした食感のダックワーズを生み出しました。

1981年「フランス菓子16区」をオープンする時、お菓子の名前も本来のフランス語の発音である「ダッコワーズ」を、響きがいいようにあえて「ダックワーズ」と表現しました。
1995年の秋、16区にフランスから突然のお客様が訪ねて来ました。その人の名はミッシェル・ギャロワイエ(Michel.Galloyer)。アンジェの菓子店「ル・トリアノン」のオーナーシェフです。
彼は対応した三嶋に開口一番、こう言いました。「ダックワーズの作り方を教えてほしい」。三嶋の考案したダックワーズの評判は、すでにフランスにも及び、その味に惚れ込んだギャロワイエ氏は、はるばる福岡へやって来たのです。本場フランスのパティシエも唸らせるダックワーズは、今では日本国内は言うに及ばず、フランスでも作られるまでに成長しました。


引用;16区ホームページ

日本で考案されたフランス菓子が
本場のフランスでも作られるようになったなんて
本当にすごいですね☆

海外発祥だと思っていたら、実は日本人が考案していた洋菓子って意外とあるんですよね。

他にも、大人も子供もみんな大好きな あのお菓子も実は日本人が考案していたんですよね。

ブレドール葉山 チョココロネ☆上質なチョコクリームがおいしい♡はこちら

気になるお味は?

16区のダックワーズは見るからにふっくらとしておいしそう♪

16区ダックワーズ

いただいてみると

フワフワしていて、且つ、もちもちと弾力があって
とってもおいしいんです。

首都圏では年に数回
伊勢丹や高島屋などの百貨店の催事で購入することができますね。

数年前は伊勢丹の地下の全国の銘菓を集めたコーナーで見かけて
何度か購入しましたが
最近もまだあるのかわかりません。

★追記★

2019年2月時点では、まだ伊勢丹地下の銘菓のコーナーでまだ販売されていました。

本当においしいダッグワーズですので
みなさんももしまだ召し上がったことがないようでしたら
ぜひ召し上がってみてくださいね☆

16区のダックワーズは、こちらではなかなか買うことができないので
我が家では今では別の絶品ダックワーズをいただくことが増えています。

そちらのご紹介はまた改めていたしますね☆

スポンサーリンク

商品情報

1袋(2個入り)432円

3袋入 1,404円

6袋入 2,721.6

8袋入 3,585.6

10袋入 4,449.6

12袋入 5,346円

16袋入 7,452円 (木箱入)

★価格に小数点がついていますが、お店の情報をそのまま載せております

16区 店舗情報

店舗名:16区

住所:福岡県福岡市中央区薬院4丁目20-10

TEL:092-531-3011

営業時間:喫茶10:00〜17:00
     テイクアウト 10:00~18:00


定休日:月曜日

カード:可

通販:あり

駐車場:あり

備考:通販ではカードは使えません。代引きか銀行振込みのみです。

シュトーレンランキング全国2位☆絶品☆16区のシュトーレン☆はこちら

16区のアップルパイ☆バターの香りのサクサク生地とりんごの絶妙なハーモニー☆はこちら

16区のオレンジケーキとシトロンサボワ☆オレンジとレモンの風味がおいしい♡はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする