16区のガレットデロワ☆フェーブや王冠もかわいい♡

クリスマスが近づき、年末年始にいただくスウィーツの準備も楽しい時期ですね。

この時期のスウィーツ、新年をお祝いするガレット デロワを毎年楽しみにしていらっしゃる方も多いかもしれませんね。

今回は先日ご紹介したクリスマスの「シュトーレン」に続き16区の「ギャレット デロワ」を紹介します。

スポンサーリンク

ガレットデロワってどんなお菓子?

16区では商品名は「ギャレット デロワ」となっており
シュトーレン同様、大変人気のある商品だそうで、今年は12月26日(水)より販売されるそうです。

ガレットデロワはフランスのスウィーツで、東方の三賢人によって神の子が見出されたとされる1月6日のエピファニー(公現祭)にちなんだ、新年を祝うお菓子です。

フランスではパイの中にフェーブ(陶製の小さな飾り)を隠しておき、切り分けた時フェーブに当たった人を新年の王様(王女様)として祝福します。

16区のガレットデロワの特徴は?

16区のギャレット デロワはアーモンドクリームをサクサクのパイ生地で包み、香り高く焼き上げています。

16区ガレットデロワ

フランスの伝統にならい、フェーブ1個とクーロンヌ(紙製の王冠)が別添えでついてきます。

16区ガレットデロワ

この年はフェーブはりんごでした。

16区ガレットデロワ

かわいいですね♡

来年はラグビーのワールドカップが日本であるので 16区の今シーズンのフェーブは「ラグビーをする少年」だそうです。

楽しみですね。

1月6日のエピファニーにいただくお菓子ですが、我が家ではもう少し早くいただきました。

紙の王冠もかわいいですね☆

スポンサーリンク

気になるお味は?

こちらのお菓子はバターがたっぷり入っているのですよね。

自分で作る時もバターが通常のお菓子よりもかなりたっぷり入ります。

バターがたっぷり入っているからか、パイはサクッサクです。

アーモンドクリームはやさしいお味です。

実家の頃から16区のお菓子はたいていのものをいただいていて、リピートするものが多いのですが、実は、こちらのギャレット デロワ については、以前注文して、おいしかったのですが、リピートはしていません(笑)

16区のお菓子はどれも好きなのですが、正直に言うとこちらはイマイチピンとこなかったからです。

でもそれは我が家の好みなので、お店では人気の商品だそうですので、おそらくおいしいと思う方の方が多いはずです。

なので、いろいろある感想の中の一つだとお考えくださいね。

食感はバターたっぷりでサクッサクですし、きっとお好きな方が多いと思います。

フェーブや王冠はとてもかわいらしいですし、16区はどのお菓子もキレイに包装してくださいますので、開ける前の楽しみもありますので、注文する価値はあると思います。

16区のスウィーツはほとんどのものを食べてみたことがあり、おいしいと思うものばかりですので、今後も少しづつ紹介してゆきますね。

スポンサーリンク

ショップ情報

店舗名:16区

住所:福岡県福岡市中央区薬院4丁目20-10

TEL:092-531-3011

営業時間:喫茶10:00〜18:00

   テイクアウト 9:00~19:00


定休日:月曜日

カード:可

通販:あり

駐車場:あり

備考:通販ではカードは使えません。代引きか銀行振込みのみです。

絶品☆16区のシュトーレン☆シュトーレンランキング全国2位☆はこちら

福岡フランス菓子16区のダックワーズ☆もちもちふわふわの絶品☆はこちら

16区のアップルパイ☆バターの香りのサクサク生地とりんごの絶妙なハーモニー☆はこちら

16区のマロンパイ☆サクサクパイにこだわりの栗クリームと渋皮煮☆はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする